夏・秋 道央 洞爺湖町 ハーブウォーターづくり

ハーブウォーターとは、ハーブを蒸留して抽出した芳香水のこと。
ハーブの水溶性成分や微量の精油成分を含み、ほのかに優しい香りがします。
自然豊かな洞爺湖で、ハーブウォーターづくりにチャレンジしてみませんか。

FEATURE

  • 自分で摘んだハーブでつくる、
    世界でひとつのハーブウォーター。

    ハーブウォーターづくりは、畑でのハーブ選びからはじまります。 フレッシュハーブは色も香りも新鮮ですから、選ぶ時間もとても楽しいですよ。 摘み取ったハーブは蒸留器で蒸留します。 30分ほど待つと小瓶1本分、だいたい60mlのハーブウォーターの完成です。 ハーブウォーターはハーブオイルより作用がおだやかなので気軽に使えますし、お酒やお茶などにプラスするのもおすすめです。

  • ものづくり体験を通じて、
    洞爺の豊かな自然を実感してほしい。

    不思議なもので、同じ種類のハーブを使って作っても毎回香りや味は異なります。 それがハーブウォーターの魅力であり、おもしろさでもあります。 そんなハーブを育んでくれるのが洞爺湖の豊かな自然です。 その魅力をもっとたくさんの方に知ってほしくてハーバルランチを立ち上げました。 ものづくり体験などを通じて、洞爺の自然の素晴らしさを実感していただけたらうれしいですね。

GUIDE

  • 旅して体験!案内人
    ハーバルランチ 高橋 敬子さん

    ハーバルランチ

    090-1529-0438 (畑直通)

    ハーブウォーターづくり

    実施期間
    6月~10月
    所要時間
    約60分
    料金
    2,600円