各地 撮り旅シリーズ風情のある鉄道写真を撮ろう!
秋の「撮り鉄」は北海道へGO!!

秋の北海道を味わいに、切符を持って鉄道旅!
柔らかな色づきが、素敵な景色を彩ります。

クルマでは味わえない大自然!
秋の色に染まる鉄道と写真の旅へ。

鉄道に乗って、鉄道の写真を撮る「撮り鉄」にとって、北海道はまさに憧れの地。大きな青空と、どこまでも広がる海、そして大自然の中を走る列車。そんな秋色の大地に、カメラを持って出かけてみませんか?絵になる北海道の秋の鉄旅の中から、おすすめのスポットをご紹介します。

feature

  • 日本最北の美しき「富士山」。
    鉄道から利尻富士を眺める。

    その美しさから「利尻富士」と呼ばれる利尻山。最北を目指す旅人にとって、海の向こうに利尻富士の姿を眺めることができたら吉祥の旅です。1日に数本しかない列車と、気まぐれな利尻富士を1枚の写真に収めることができるか……あなたも挑戦してみませんか。

    【撮り鉄スポット】
    宗谷本線/抜海-南稚内
  • アタマとカラダをフルに使って、
    鉄道写真は秋のスポーツ!

    北海道が発祥の「パークゴルフ」も頭を使うスポーツですが、列車の時刻や太陽光線、撮影アングルなど様々な条件を考慮した上で、重い機材を担いで歩いたり上ったりする鉄道写真も立派なスポーツです。撮影後に旅先で出会う秋の味覚は、ひときわ美味しく感じられますよ。

    【撮り鉄スポット】
    室蘭本線/豊浦-大岸
  • サイクリング+鉄道写真。
    さわやかに秋を撮りましょう。

    旭川近郊の神居古潭に通じる旧線路跡はサイクリングロードになっています。カバンにおやつと弁当を詰め込んで、レンタル自転車でさわやかな風に吹かれて撮影旅へ出かけましょう。次々とやってくる特急列車や貨物列車を、あなたの目線で切り取ってみませんか。

    【撮り鉄スポット】
    函館本線/伊納-近文
  • 線路脇に咲く秋の花と、
    カラフルな特急列車の競演。

    線路脇に、小さく色づく秋の花・エゾノコンギク(蝦夷野紺菊)が咲いているスポットを見つけました。やわらかな淡紫色の可憐な花に、不思議と気持ちを惹きつけられます。線路の彼方からやってくる、特急列車のカラフルな車両との対比を楽しみましょう。

    【撮り鉄スポット】
    函館本線/江別-豊幌
  • 丸瀬布森林鉄道を走る、
    本物のSLを撮ろう!

    この機関車「雨宮21号」は、昭和3年から昭和33年まで、国有林から伐り出した丸太や生活物資の搬送に携わってきた本物の機関車で、北海道遺産にも認定されています。秋の落ち葉の上に寝そべって、全国で唯一の動態保存の森林鉄道蒸気機関車を撮影する贅沢なひとときを!

    【撮り鉄スポット】
    遠軽町/丸瀬布森林公園 いこいの森
  • 実は稲刈り後の田んぼも
    美しいのをご存知ですか?

    たわわに実った金色の稲穂は美しいものですが、広々と広がる茶色や、芝を植えた鮮やかな緑色など、稲刈りが終わった後の田んぼもまた美しいのです。「なんにもない」と思いこまずに、その景色にカメラを向けてみると、思いがけない素敵な鉄道写真が撮れますよ。

    【撮り鉄スポット】
    札沼線/石狩太美-石狩当別
  • 宗谷丘陵と日本海が織りなす、
    最北の風景をゆくリゾート列車。

    夏場はうっそうとして行く手を阻む笹薮も、秋になるとその勢いも衰えて、少しは歩きやすくなってきます。荒涼とした宗谷丘陵の風景の中を走るリゾート列車「ノースレインボーエクスプレス」。広い風景の中で、こんなレアな列車を狙ってみるのはいかがでしょう。

    【撮り鉄スポット】
    宗谷本線/南稚内-抜海
  • 釧路湿原をトコトコ走る、
    1両編成のかわいい気動車。

    エゾシカが頻繁に出迎えてくれる釧網本線。線路と平行に走る道路はなく、大自然をのんびりと走る鉄道写真を撮ることができます。北海道の秋の日はすぐに傾いてしまいますが、太陽の向きと列車の時刻を計算して、陽射しを浴びて輝く車両を切り取ってみましょう。

    【撮り鉄スポット】
    釧網本線/茅沼-塘路

NAVIGATOR

  • 鉄道写楽家
    矢野 友宏さん

    1972年横浜生まれ、北海道育ち。「鉄道写楽家(てつどうしゃがくか)」として、鉄道車両のみならず、「鉄道がある風景」の撮影をライフワークに活動中。2015年、道内初の国鉄電車711系引退に際し、仲間と一緒に「北海道の赤い電車」写真集を地元新聞社より刊行し、写真展を開催。海外からのインバウンドをサポートする会社に勤務するかたわら、北海道鉄道観光資源研究会の事務局次長として、北海道鉄道の魅力発信に向けた活動を展開している。

    北海道鉄道観光資源研究会